バーデンス セルディープクレンジング、セルクリアフォーム

中国原料フリー
刺激のないクレンジング
バーデンス買いたい
バーデンスお尋ね
お酢シャンプー
ヴィネガースパ

クレンジングが肌を傷める

手軽さやメイク洗浄力の良さなどから安易に考えられている水性クレンジングは、角質層のバリア機能を極端に低下させ、敏感肌、乾燥肌を作ります。


オイルクレンジングは、メイク汚れと分散した油が一緒に毛穴に浸透し、肌くすみの原因になります。


液晶クレンジングは、メイクの洗浄効果と安全性を併せ持った肌にやさしい最良のクレンジングです。

負担なく洗う

スキンケアで最も重要な「洗う」化粧品の起源は4000年以上前までさかのぼります。その頃使われていた洗浄剤は、製法はかなり違いますが、今でも広く使われている石けんです。日本に石けんが伝わってきたのは16世紀頃とされ、そこから約500年の歴史を持っています。石けんは安全性が抜群でした。


しかし、「洗う」というお手入れは、微生物を除去する絶対的な目的があるため、肌を傷つけてしまう可能性と背中合わせなのです。特に石けんの中に殺菌効果の高い薬用成分などが配合されている場合は気をつける必要があります。

 

「洗う」に最も重要なことは、刺激のない洗浄化粧品で、お肌に負担をかけずに汚れだけをキレイに洗い落すことです。残念ながら、「洗う」化粧品の中には、過度に殺菌成分や機能性成分を配合している製品が多いのが現状です。

昔の石けん

ゆっくり昔ながらの「枠練法」で製造した石けんは、2カ月間以上熟成させることが必要です。

 

石けんは油脂(脂肪酸)と強アルカリを反応させ作ります。弱酸と強アルカリの反応は、中和するとアルカリ性で安定します。脂肪酸と反応せずに残ったアルカリを遊離アルカリと言います。

ゆっくりと熟成させた石けんは遊離アルカリと、水分がほとんど除去され、刺激が少なく変色しにくい石けんとなります。小さくなるまで溶けたり白濁せずに、透明感がある石けんのまま使いきることができます。

 

現在、ほとんどの市販石けんは速成製造で、変色しやすいため、エデト酸塩が入っています。


バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品