2014年

8月

06日

バーデンス スキャルプシャンプー

アミノ酸シャンプー肌荒れ
アミノ酸シャンプー かゆい
アミノ酸シャンプー アレルギー
アミノ酸シャンプー あわない
アミノ酸シャンプー アレルギー
ビネガースパ

起泡性試験

各洗浄剤を15ppm(CaO換算)の硬水で、0.1%、0.2%に希釈後、pHを7.0±0.1に調整し、ミキサーで30秒間撹拌した直後の泡高さを測定。

耐硬水性試験

1%水溶液に希釈した各洗浄液に濃度0.1%mol/Lの塩化カルシウム水溶液を適下し濁り始めた時点での測定量を測定。数値が高いほど洗浄剤としての機能を有している。

生分解性試験

30mg/Lの濃度に調整した各洗浄剤を合成洗剤分解度試験法(JIS K3363-1990)を用い、14日後のDOC(溶存有機炭素濃度)残存量を測定し、分解度を算出。

アレルギーとシミの原因

刺激が強い硫酸系・アミノ酸系シャンプーでは毛髪は変質し、肌の細胞が死にます。

 

紫外線やさまざまなアレルゲンがダメージを受けた角層(バリア層)を通過し、アレルギーの原因シグナル(インターロイキン-4)やシミの原因シグナル(インターロイキン-1)が発生します。そして、アレルギー・炎症・シミが発症します。

アミノ酸シャンプーは髪が傷む

タンパク変性率の高さは硫酸系洗浄剤以上です。高速液体クロマトグラフィーではタンパク変性率が正確に測れます。

 

アミノ酸系洗浄剤でシャンプーしたら、髪は妙にねっとり、フニャフニャとした質感になります。それはタンパク変性を起こしている手触りでした。

アミノ酸シャンプーの世界事情

硬水が多い海外で、アミノ酸シャンプーを見かけることはありません。泡が立たないシャンプーは、洗浄剤としての役割を果たせないからです。日本でアレルギー疾患が増えているのは、アミノ酸系洗浄剤が関わっているのではないかと疑われます。

バーデンス スキャルプシャンプー

◎泡立ちが良い

◎すすぎ時にきしまない

◎肌への刺激が少ない

◎眼への刺激が少ない

◎地球にやさしい

アミノ酸シャンプー 危険

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品