肌刺激のないトリートメント
バーデンス買いたい
バーデンス通販
お酢シャンプー
バーデンス
ヴィネガースパ

ノンシリコントリートメント?

「ノンシリコン」という言葉は製造側が作り出した言葉のマジックです。ノンシリコン = シリコンが入っていない シリコン以外のコーティング剤が入っています。

シリコンが直接の刺激になることはありません。“ノンシリコン”などと大きく宣伝されているため、シリコン=悪というイメージが持たれ始めていますが、決してそうではありません。シリコン類は高いコーティング機能に加え、安定性が高く、肌への刺激の少ない非常に優れた成分です。そのためシリコンはトリートメントやセット剤などのヘアケア製品だけでなく、クリームやUVケア製品などの化粧品にも多く使用されています。

トリートメントで問題にされなければならないのは、カチオン界面活性剤の刺激であって、シリコンではありません。多くの消費者がカチオン界面活性剤の皮膚刺激を知らないのは、化粧品メーカーがあえて言わないからです。

通常シャンプー、トリートメントなど洗い流す製品は、洗い流すものだという理由から、安全性の評価を測ることはありません。もし、カチオン界面活性剤によるトリートメントの刺激を、消費者が知ることになれば、市場は大混乱になることでしょう。化粧品メーカーは消費者の目をカチオン界面活性剤に向けないためにトリートメントのシリコンを悪者に仕立て上げています。

これはシャンプー成分の硫酸系界面活性剤から目を反らすために、シリコンを悪者にしたのと同じ手法です。正しい商品選びのために、安全性をきちんとデータで証明している化粧品メーカーの製品を信用しましょう。イメージやコマーシャルに、そして『ノンシリコン』という言葉に騙されないでください。

スキャルプトリートメント

頭皮を保護・保湿するという意味です。つまり、洗い流さなくても刺激がないトリートメント以外に、“スキャルプトリートメント”という言葉はあり得ないのです。


頭皮につけず、よく洗い流さなければならない通常のトリートメントは髪をコーティングするだけの目的を果たしています。

バーデンスどこで買う?

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品