安いのには訳がある
バーデンス買いたい
バーデンス通販
お酢シャンプー
バーデンス
ヴィネガースパ

偽装化粧品

UVケア化粧品は偽装されることが最も多い製品の一つです。SPF(UVB防止効果)、PA(UVA防止効果)の数値は、化粧品メーカーが勝手に付けられるものではなく、第三者試験機関で実施され、公平に評価されるものです。

消費者は、販売店やメーカーに試験報告書の開示を求める権利があります。偽装が発覚した場合、メーカーを厳罰に処することが期待されますが、実際は厚生労働省の目を逃れて、数値を偽装するメーカーが後を絶ちません。

“御社のUVケア製品のSPF値やPA値を信じて使い続けたのに、紫外線によるシミやシワが出来た”と訴える消費者がそれほど多くないことを、メーカーは知っているのかもしれません。


大きな誤解

広告やブログなどに“SPF50+、PA++++は肌への負担が大きいので、敏感肌の人は数値のあまり高くないものをお薦めします”と書かれていることがあります。消費者も紫外線をブロックする力が大きい製品は、肌への負担が大きいと理解しているようですが、大きな誤解です。

紫外線散乱剤として配合されている酸化チタン・酸化亜鉛は安全な成分です。紫外線防御剤が、酸化チタン、酸化亜鉛のみであれば肌への刺激はなく、SPF・PA値が高くても全く問題ありません。

もし吸収剤が配合され、SPF・PA値を上げているとすれば、その日焼け止めは安全ではありません。アレルギーの危険があります。おそらく肌の弱い人は使えません。

多くのメーカーは、なぜ散乱剤のみで日焼け止めを製造しないのでしょうか?それは原料コストが上がり過ぎて、低価格商品が作れないこと。そして肌の白浮き対策や、SPF・PA値を上げる技術を持っていないことが考えられます。


バーデンスどこで買う?

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品