トリートメント肌刺激

一般的トリートメントの肌刺激

毛髪のすべり性と手触りを良くするためにヘアトリートメント、リンス、コンディショナー、そして衣類の柔軟剤にもカチオン界面活性剤が使われています。このカチオン界面活性剤は残念ながら基本的に肌に優しくありません。市販されている一般トリートメントは肌刺激が強いので頭皮にはつけず、すっかりすすぐ必要があります。

 

肌刺激のないトリートメントの開発

シャンプーの刺激に比べ、トリートメントの肌刺激は消費者にあまり知られていません。この問題に取り組んだ化粧品会社が研究と試行を繰り返し、ついにトリートメントの刺激を緩和することに成功しました。これは他のメーカーが真似できない配合技術です。

 

驚異の抗酸化力「白樺樹液」

春先の1ヵ月間しか採取できない『白樺樹液』は、雪が残る早春に、地中にはりめぐらした根から開花に必要な水分と栄養分を大地から吸い上げ、ろ過、精製、吸収され樹液となって枝の先までめぐってきた天然の水。まさに『自然からの恵』です。

 

タルク危険

タルクが危ない

タルクには発がん性の問題があります。タルクの成分とアスベスト(天然鉱石)の成分は非常に似ていて、構造が似た性質の物同士は似た働きをします。ファンデーションは、一般的にタルク・マイカ・セリサイトなどの鉱石が主原料とされ、その他色素、界面活性剤などで作られています。

 

つけたまま寝たらシミ

マイカ・セリサイトはシミを作る

ファンデーションは、一般的にタルク・マイカ・セリサイトなどの鉱石が主原料とされ、その他色素、界面活性剤などで作られています。マイカ・セリサイトには金属イオン(鉄・ニッケル・コバルト・クロム・ヒ素・重金属・鉛)が含まれています。つけたまま寝たらシミになります。

 

UVA対策

日焼け止めクリームのピンキリ

市販の日焼け止めには、ケイ皮酸系化合物を代表とする紫外線吸収剤が含まれていて、肌に負担がかかっています。安全性の高い散乱剤だけでは、高い紫外線防御機能(SPF・PA値)を持たすことが難しいため、吸収剤・散乱剤を併用している日焼け止めが多いのが現状です。

 

アミノ酸シャンプーかゆい
バーデンスおたずね
お酢シャンプー
バーデンス買いたい
ヴィネガースパ
バーデンスどこで買う

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品