バーデンス買いたい
バーデンス通販
お酢シャンプー
バーデンス
ヴィネガースパ

なぜ湯シャン?

現在、アトピー性皮膚炎患者は、日本で約260万人。その4分の1は、20才以上の成人型になってきています。花粉症疾患者は、日本で約3800万人(3人にひとり)。アレルギー患者数は増加傾向にあります。

 

不思議なことに、開発途上国には、アレルギー患者がとても少ないことがわかっています。その要因の一つとして、先進国は、衛生環境の向上により洗い過ぎて、大切な常在菌まで殺してしまうからと考えられます。

 

フケ、カユミ、抜け毛、肌荒れの原因は、シャンプーに含まれる界面活性剤に問題があります。市販シャンプーの洗浄主成分である硫酸塩とスルホン酸塩は肌への刺激が強く、毎日繰り返し使っているうちに、頭皮がダメージを受けます。さらに脱脂力が強いため、カユミやフケの原因になります。

 

そのような刺激の強い市販シャンプーを使うより、お湯だけで洗髪した方が頭皮が健康になることを消費者が知り、湯シャンがひそかなブームになっています。

洗い流すものほど、皮膚に浸透しやすく危険

いまでも、天然系を含めた合成界面活性剤が皮膚に刺激を与え続けています。「刺激があっても洗い流すものだから大丈夫、安全である」という消費者の考え方も変わっていません。

 

化粧品メーカーも、コスト優先で「洗い流すものほど、皮膚に浸透しやすく危険である」という事実を、消費者には伝えていません。悠香のお茶せっけんのアレルギー問題は、それを明らかにしました。

“洗う”ことがスキンケアの原点

界面活性剤を世界中から集め、それぞれをテストした結果、刺激の一番少ない界面活性剤は石けんであることがわかりました。

しかし、石けんカスが髪と頭皮に付着し、ツヤがなく、すすぎ時にきしむのでシャンプーには向いていません。


研究を重ね、天然ヤシ油とお酢から作った弱酸性石けんと、アミノ酸(リシン、ヒスチジン、アルギニン)を融合させた世界一低刺激のシャンプーが、湯洗髪では決して解決できない、頭皮のバリア機能の向上と、つややかでハリのある髪を実現します。

バーデンスどこで買う?

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品