パラベンはキケン?
パラベンフリーの害
バーデンス買いたい
バーデンス通販
お酢シャンプー
バーデンス
ヴィネガースパ

配合量が問題

多くのメーカーは、肌に良い成分を積み重ねて、最後に上限いっぱい防腐剤を添加します。ポジティブに考えながら最後にネガティブなものをプラスする、肌負担のことまでは考えていないといえるでしょう。

大手メーカーのパラベン入りの化粧品でかぶれた経験がある人たちが、バーデンスセルシリーズ(化粧液、美容液、保湿クリーム)ではかぶれません。それは配合量が違うからです。

多くのメーカーは規制値の上限いっぱいのパラベンを入れていますが、バーデンスセルシリーズには、最小限のパラベンしか入っていません。はじめから防腐剤なしでも腐ることはない処方をし、防腐剤量まで考えて設計されています。

パラベンアレルギーの方たちにとって、防腐剤の配合量は必要な情報です。
メーカーは配合量をきちんと明記すべきでしょう。

最少の防腐剤を配合するための化粧品処方

昔ながらの保存方法
①水分量を減らす(干物、ドライフルーツなど)
②塩分を加える(梅干し、塩鮭など)
③糖分を加える(ジャム、コンポートなど)
④抗菌効果を持つ自然のもの(竹の皮、生姜など)
これらをヒントに化粧品処方を考える


抗菌効果を持つ植物のエキスを処方する

カミツレ
カミツレ
セージ
セージ
ローズマリー
ローズマリー
ホホバ
ホホバ

防腐=安定性

パラベンフリーと謳っている無添加化粧品といえども、何らかの防腐剤は使用されています。


また、セラミドポリマー、レシチンポリマー(リピジュア)などの機能性成分をはじめ、コラーゲン、ヒアルロン酸などはタンパク系のものが多く、腐りやすいという特性があります。


腐らない、劣化しない、変質しないということは、製品の安定性を意味し、化粧品の安全性を保持するために必要なことです。

バーデンスどこで買う?

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品