硫酸シャンプー危険
バーデンス買いたい
バーデンス通販
お酢シャンプー
バーデンス
ヴィネガースパ

合成=悪でない

洗浄剤の強さは界面活性剤の“親水基が何であるか”が重要です。原料が天然であることに意味はありません。天然油脂であるヤシ油から作っていても、親水基が「硫酸」であれば皮膚刺激は避けられません。


メーカーは刺激の強さには触れず、天然成分なので安全という広告をしています。イメージや広告に騙されず、きちんとしたデータで証明されたものを信用しましょう。

石けん

石けんが肌に刺激を与えないのは、天然起源・石油起源に関わらず、親水基が「カルボン酸」であるからです。しかし、肌にはしっとり感・さっぱり感があっても、石けんを使用して、髪の「キシミ」感をなくすことはできません。弱アルカリ性であり、水中のカルシウムに影響を受け硬水では泡立ちが非常に悪くなります。

弱酸性石けん

モアコスメティックスは安全な界面活性剤の研究・開発を行い、1989年「ラウリルエーテルカルボン酸」(ラウレス-3酢酸)を完成し、新規物質の化学品登録を行っています。

 そしてさらに、2008年ラウレス-3酢酸と塩基性アミノ酸(リシン・ヒスチジン・アルギニン)との融合による進化を実現。低刺激洗浄組成物「ラウレス-3酢酸アミノ酸」として特許を取得しました。

動物愛護から

これまでの皮膚刺激試験としては、通常ウサギ、またはモルモットを用いた動物実験が主流でしたが、近年高まりつつある動物愛護の観点からヒト正常表皮細胞を重層培養したヒト3次元培養表皮を用いた代替法に注目が集まっています。ヒト細胞を用いているため、動物実験と比較して種差がありません。

酢酸系洗浄剤の可能性

ラウレス-3酢酸アミノ酸(弱酸性石けん)の効果は、刺激性評価試験において、石けんより低刺激であることが明らかになりました。キシミ感を与えない洗浄剤であり、硬水でも泡立ちが良い、分解性が高く地球環境を汚染しないことも試験結果で証明されています。

バーデンスどこで買う?

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品