肌トラブル予防シャンプー
バーデンス買いたい
バーデンス通販
お酢シャンプー
バーデンス
ヴィネガースパ

化粧品と健康(アンチエイジング)

食品には、一般食品と保健機能食品があるのに、化粧品による健康はあまり考えられていません。化粧品と言えば、化粧水や美容液、クリームなど水分と油分を補うことに重点を置いているメーカーや消費者がほとんどです。水分と油分を補うための化粧品は、保湿力や使用感の差に多少の差があっても、安全性という点では大差はありません。

 肌(皮膚)の状態が大きく変化するのは、“洗うもの”によってです。洗浄剤は「微生物や細菌などから身を守り清潔にする」という目的のために、肌を傷つけてしまう可能性と背中合わせです。

 特に、石けんの中に殺菌効果が高い薬用成分などが配合されている場合は、気をつけなければなりません。バリア機能の主役である角質層を傷つけない、弱らせないために、刺激のない洗浄化粧品で、お肌に負担をかけずに汚れだけをキレイに落とすことが重要です。

★アレルギー対策、予防のために

① お酢系洗浄剤で洗うことによって、肌バリアを壊さない
② 保湿・保護によるバリア機能向上によって、アレルゲンのブロックを強固に

 花粉は傷ついた角質層から侵入することがわかっています。バリア層を整え、花粉症対策を。

 肌アレルギーだけでなく食品アレルギーなども、肌のバリア低下により引き起こされると考えられるため、低刺激のお酢系洗浄剤で“洗う”ことは特に重要です。


シャンプーは、全身に流れて肌刺激を起こすので、硫酸系・アミノ酸系シャンプーには要注意!

傷ついたお肌で起こる日焼け・シミ・シワ

硫酸系・アミノ酸系洗浄剤により破壊された角質層を、紫外線が通過することによって、肌表面で活性酸素が発生します。インターロイキン-1αの活性化は以下の症例が発生します。
・炎症―紅班反応、かゆみ
・メラニンを産出―色素沈着、シミ
・エラスチン繊維を切断―シワ

バーデンスどこで買う?

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品