硫酸シャンプー終わり

硫酸からお酢へ

戦時中のものがない時代、石けんが作れなくなり、それに代わるものとしてドイツの「ベーメ社」が、天然油脂から硫酸系界面活性剤を合成しました。豊かな現代に、戦時中の代用品の洗浄剤が安価だからと、未だに多くの製品に使われています。ヤシ油に劇薬「硫酸」を合成したラウレス硫酸・オレフィンスルホン酸この2つが市販シャンプーの主原料です。

 

花粉皮膚から浸入

ラウレス-3酢酸アミノ酸

モアコスメティックスと近畿大学との合同研究で、お酢系洗浄剤(1989年特許取得・弱酸性石けん『ラウレス-3酢酸』)とアミノ酸(リシン・ヒスチジン・アルギニン)を融合させた“ラウレス-3酢酸アミノ酸”を2008年発明しました。そして2012年低刺激性液体洗浄組成物として特許を取得しました。食べられるお酢から作った、安全で肌と環境にやさしい世界初の酢酸系洗浄剤は、近い将来世界が評価することでしょう。

 

シャンプーシワ

お酢シャンプーでアンチエイジング

食品には「健康でいたい」「病気を予防したい」という考え方が定着しつつあるのですから、毎日、朝晩二度も使う化粧品にも「肌トラブルを予防するもの」があってもいいのではないでしょうか?今、健康な肌でも、花粉症のように、いつ肌トラブルを抱えるかわかりません。バリア機能が整った美しく健やかな肌は、どんな効果なサプリメントよりもあなたの体の健康をサポートしてくれる強い味方です。

 

アミノ酸シャンプー肌あれ

アミノ酸シャンプーはキケン!

髪と肌に優しいイメージがありますが、アミノ酸系シャンプーはタンパク質の一種アミノ酸を使っているため、肌にくっついて取れにくく、トラブルを引き起こす原因になっています。また、細胞毒性、タンパク変性は硫酸系洗浄剤並みです。そしてシャンプーにとって何よりも必要な“泡立ち”が悪いため、アミノ酸系界面活性剤に、硫酸系洗浄剤を追加している“アミノ酸シャンプーもどき”が多く販売されています(刺激のダブルパンチ)

 

間違った洗顔が老化促進
化粧品の中で、皮膚刺激がいちばん強いと言われるのが、「クレンジング」です。ファンデーションやメイク用品の油性の汚れを簡単に落とすために、皮膚刺激の強い界面活性剤が使用されているからです。換気扇クリーナーと同じ刺激があるものさえあります。さらに汚れを毛穴に押し込んだり、皮膚障害を引き起こしたりする危険なものがあります。


ノンシリコン神話

シリコンが直接の刺激になることはありません。“ノンシリコン”と大きく宣伝されているため、シリコン=悪というイメージが持たれていますが、決してそうではありません。シリコン類は高いコーティング機能に加え、安定性が高く、肌への刺激の少ない非常に優れた成分です。シリコンがなぜ悪者にされノンリシコンシャンプーが売れているのでしょう。

硫酸シャンプー
バーデンスお尋ね
お酢シャンプー
バーデンス買いたい
ヴィネガースパ
バーデンスどこで買う

バーデンス歯みがき
バーデンスリップ
白樺樹液の化粧品